覚えておきたい!受注管理

顧客に安定的に提供する仕組みが必要

お店の運営には、実店舗を構えて顧客に直接対応する方法、注文などを受けて対応する方法などがあります。どちらも直接対応なのでそれほど多くの注文があるわけではありません。一方、ネットショップで運営する方法があり、こちらはネットを通じて顧客からの購入希望が届きます。つまり受注になり、これを管理しないと後で大変になります。受注があれば当然ながらそれを準備して、顧客に送り、入金などを管理していく必要があります。つまりはすべての行動の一番先にあるので、この管理をきちんとしておく必要があります。仕入れて販売するとき、材料を仕入れて販売するときなどは、受注に対してどれくらいで対応できるかを把握しないといけません。対応できないなら受注の停止も必要になります。

在庫の損失と機会損失を防ぐ

販売するために仕入れをしてそれが営業時間ぎりぎりに売切れれば無駄が一切ありません。在庫もありませんし、販売機会も失っていません。しかし実際にはきれいに進むのはまれです。在庫が発生したり、売りたいのに在庫切れになったりします。そこで行いたいのが受注管理です。受注を受ける時に情報を記録しますが、その後発注や納品、入金までの管理を行います。これらのデータがあれば、どれくらいの在庫を持っておくのが適切なのか、いつ頃発注をしたら顧客の注文に間に合わせられるのかが分かります。商品ごとにメーカーなどが異なれば、それぞれで管理をしておく必要があります。この商品はどれくらい在庫が必要、どれくらい前に発注しないといけないなどを把握しておきます。