これで納得!発注管理

在庫がいくらになったら発注するか

商品を仕入れて販売するとき、まずは事前に仕入れて在庫として置いておきます。すると注文があったらすぐに納品ができます。お客さんを待たせません。お客さんを待たせれば、それで信用を失う可能性があります。できるだけ迅速に提供できる準備が必要です。しかし、常に在庫を持って行くと売れなければ損につながります。在庫はたくさん持ちすぎても行けません。そこで行うのが発注管理です。発注は仕入れ業務になりますが、発注をしたらすぐに届くわけではありません。予めどれくらいで届くかを確認しておき、それに合わせて発注をします。1日1個売れる商品の在庫が3になったら3日後になくなる可能性があります。届くのに5日かかるなら、在庫が5個になったときなどに発注すると良いのでしょう。

発注した商品の状況を管理する

ネットショップの運営で、一つの商品のみを扱っているならそれほど管理は難しくありません。無くなりそうになったら発注するが基本になります。しかし、扱う商品が多くなるとそれぞれの商品ごとに在庫状況、発注状況が異なります。商品によっては、予定通りの入荷ができていないときもあります。発注管理としては、発注後にどんな状態になっているかの管理があります。発注済みだがまだ届いていない状況であったり、既に届いている状態、仕入れ先からの連絡で通常よりも遅れる情報が入っているときなどを管理できます。システムで管理ができれば、問題になっている状況にのみ何らかのアクションを起こせばよいでしょう。人が行う管理を少なくできます。