知ってた?一元管理のメリットデメリット

一元管理はこんなに便利!導入する価値がある?

ネットでショップを経営している人にとって、非常に便利な一元管理。どんなメリットがあるか、みなさんはご存知ですか?
一元管理のメリットといえば、やはり作業効率が向上する事ですね。色々なお店で商品を出店していると、在庫管理や受注管理が非常に大変です。どこのお店にどの程度の在庫があるか、一つ一つ自分で管理すると、時間も手間も掛かりますよね。一元管理してしまえば、そういった手間はなくなります。
また、トラブルを防ぐためにも、一元管理は役立ちます。全てのサイト分のステータスが分かれば、受注情報もすぐ把握できます。問い合わせやクレームがあった時、対応がしやすくなるので、無駄なトラブルを防げるというのもメリットになります。

複雑化して使いにくくなる場合も?

メリットの多い一元化ですが、デメリットがあるというのも事実です。
一元化というのは、各ショップの受注情報や在庫状況などをまとめて管理するため、システムが複雑化してしまい場合があります。仕組みが複雑になると、利用者の減少に繋がる事もあるんですよね。せっかく業務の効率化をして、より売上を高くしたいと導入したのに、利用者が減ってしまっては意味がありません。
しかし、これは個別に管理する部分と、一元化する部分を分ける事で回避ができます。楽したいからといって、とりあえず全てを一元化するのではなく、個別で管理する所を分けていた方が良いでしょう。システム導入が始めてという方にはちょっと難しいので、専門家に相談しながら一元化を導入してみると良いですよ。